「光の音符」は、障害を持ちながらプロの演奏家をめざす若い才能を、物心両面から支援し、同時に障害を持つ人にも音楽を提供していく事を目的に1994年3月に活動を開始しました。 私たちは、音楽がいまだに一部の恵まれた人たちだけのものである現状に対して、「音楽は公共の財産である」と考え、「音楽をすべての人にフェアに!」ということを、実践を通して社会に提言していこうとしています。 音楽の感動を共にする体験は、障害を持つ人と共に生きることの意味を、改めて問う機会を人に与え、心のレベルでの交流は、言葉によるもの以上に、相互の理解を深める手だてになるといえないでしょうか。 「光の音符」は人と人が自然に支え合い、どのような立場にある人にも学ぶ機会や音楽を聴く機会が開かれた暖かい社会の実現をめざして、地域に根ざした活動を、着実に進める組織でありたいと願っています。

Ready for達成しました!
おかげさまでステージは大成功!

一口10,000円で 子ども達の里親に

■ 活動内容
点字プログラムの作成 優れた音楽家によるコンサート開催 病院などでの出張コンサート
■これからの活動予定

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。PDFファイルをダウンロードしてください

top